フレデリック・カッセルとはBrand Profile

Frédéric Cassel フレデリック・カッセル
深い森に囲まれたパリ郊外の古都「フォンテーヌブロー」に本店を構えるスイーツブティック。
こだわり抜いた素材と伝統が紡ぎ出す繊細なパティスリーは、世界中で多くの人々を魅了しています。

Frédéric Cassel

PROFILE

Bonjour!

Bonjour!

1967年5月25日フランス北部アブヴィルの生まれ。生家は精肉店を営み「良質の食」に囲まれて育つ。ポール・マニュにて飴細工を学んでいた頃ピエール・エルメ氏と出逢い、1988年から「FAUCHON(フォション)」にて修行。この時にエルメ氏より「最高の素材と厳格な仕事」を学ぶ。1994年、高品質の食を求める人たちが多いことで知られる、パリ郊外のフォンテーヌブローにて自身の店をオープン。
2002年には、ショコラティエとサロン・ド・テも展開する。

ロゴに込められた、
フレデリック・カッセルの想い
ロゴマークのエンジェルは、“僕はお菓子の天使だから”と、フレデリック・カッセル自身が描いたもの。食べた人が思わず笑顔をこぼしてしまうお菓子を、そして愛情と情熱を注ぐパティシエという職業を、若い世代に伝えていく決意が込められています。

ルレ・デセール会長、
パティシエの代表としての使命
「ルレ・デセール」は、1981年に創設されたパティシエのエリート集団。ヨーロッパを中心に、世界15ヵ国、約100名のパティシエが加盟しています。フレデリック・カッセルは、1997年に30歳の若さでメンバーとなり、2003年には会長に抜擢されました。
製菓の伝統を守りつつ、未来の子供たちに繋げるという命題を抱え、次世代を担うパティシエの育成に尽力に努めています。
スペシャリテ ミルフイユ・ヴァニーユ

フレデリック・カッセルのスペシャリテは「ミルフイユ・ヴァニーユ」。
イルドフランス地方のコンテストにて「ベストミルフィーユ」に選ばれるほど好評で、
最高級であるタヒチバニラをふんだんに使ったクリームが特徴です。

ミルフイユ・ヴァニーユ美味しさの秘密

Awards

パティシエ・コンクールの最高峰
「クープ・デュ・モンド」を制す
世界20カ国から各国を代表する最高のパティシエが集い、
その腕を競うパティシエ・コンクール「クープ・デュ・モンド」。
2013年の「第13回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2013」では、
フレデリック・カッセル率いるフランス代表チームが見事優勝を収めました。
  • award1999
  • award2005
  • award2007
  • award2008
  • award2010
  • award2013
レシピブックの出版

2015年9月、世界文化社よりレシピブックを発売。
全項フォンテーヌブローにて撮影を行い、眺めるだけでも愉しめる一冊となっています。

レシピブックについての詳細